【同友会会員企業訪問-004】株式会社たまゆら 岡本哲 社長

私たちが仕事で身に着けている作業着やユニフォーム。それらワークウェアや用品販売をされている株式会社たまゆら。今年、創業50周年の記念事業として地元枚方市をはじめ、大阪同友会など地域5団体に合計1,000個のLEDランタンを寄贈されました。国民や地域と共に歩む中小企業を実践されている岡本社長に、寄贈に至ったいきさつや会社のこれからについて伺ってきました。 取材先;株式会社たまゆら 代表取締役社長 岡本哲 氏(枚方寝屋川交野支部) 取材者;大阪東ブロック情報化広報委員会 駒井委員(枚方寝屋川交野支部) ■株式会社たまゆらの概要 枚方市を拠点に、京都南部から北大阪全域に加え、東大阪・八尾、更には大阪市内までをカバーし働く人たちを対象にユニフォームを核として作業服や作業用品の販売を行っている会社です。創業以来一貫してお客様にとって「いるものを、いる時に、いるだけ」をモットーに経営しております。 ■株式会社たまゆらの社名の由来 「たまゆら」という社名は、漢字で「玉響(たま・ひびき)」と書きます。 古代の日本には、勾玉(まがたま)で作った首飾りがありました。首飾りが揺れると、玉と玉がお互いに触れ合うことで、きれいな音色を奏でたそうです。この音色のことを、玉が響いて出る音ということで「玉響」と書き、その読み方として、玉が揺らぐ姿から「たまゆら」と発音したそうです。 私たちは、「お客様との触れ合いの中で響き合い、心優しい音色を奏でる関係を作りたい」という想いから、社名を「たまゆ…

続きを読む