第6回 大阪同友会東ブロック情報化・広報委員会

本日2月26日(月)開催の「第6回 大阪同友会東ブロック情報化・広報委員会」は、東南ブロックの情報発信研究会に参加させていただき、合同委員会と云う名目で開催させていただきました。他ブロック広報委員会と交流できる貴重な機会でもありますので、積極的な交流を期待します。 会場は「阿倍野市学習センター(あべのベルタ3階)特別研修室」です。 参加者合計 20名 報告者 1名 津村氏(和歌山同友会青年部)、南東BL 11名 荒田委員長・広報委員・青年部、中河内BL 1名 辻委員長、南BL 1名 新家委員長、東BL 5名 山田担当副ブロック長、石黒委員長、小関(京阪)、坂本(大東)、井上(東成生野)、事務局 1名 山浜氏 報 告 者;和歌山新報 津村 周 氏(和歌山同友会 所属) 現役新聞社の代表が語る中小企業における情報発信の大切さ!ご本人の事業での経験を通じて事例報告いただきました。 新聞社ならではの号外発行をイベントに取り入れたPR方法、AR技術を利用した新聞とスマホ・タブレットの連携の実例紹介。YOUTUBEと連携した企画の情報発信の紹介、各自治体のPRについて、対象者がズレると効果(閲覧数)が得られない実例。 質疑応答、休憩後の再開では、各ブロックの「発信の課題報告」がありました。 今回私がボランティアで編集長をしている、全戸配布の東大阪コミュニティ誌「ふれあい東大阪」を見本に問題例を提示。 自治会より東大阪全戸配布(21万部)読者層は40代~…

続きを読む