大阪発!コメディ朗読劇で大討論!~地域と中小企業の明日を考える~

6月30日(土)14:00~17:00、同友会事務所にて一風変わった試みがなされました。 表題にある朗読劇「大阪発!コメディ朗読劇で大討論!~地域と中小企業の明日を考える~」が、大阪同友会の全会員を対象に企画・開催されました。 朗読劇;大阪市立大学「劇団カオス」 脚 本;大阪市立大学商学部教授 本多哲夫 氏 後 援;近畿経済産業局、大阪府、大阪市、大阪商工会議所、大阪府中小企業団体中央会 *)朗読劇の様子は撮影NGなので、上記は今回の出演者とスタッフ写真を掲載しました。 ■概要;  中同協(中小企業家同友会全国協議会)では、2010年6月に「中小企業憲章」が閣議決定されて以降、2011年より毎年6月を中小企業憲章・条例推進月間と位置づけ、東京でキックオフ会議を開催してきました。同時に、全国の各地同友会では、推進月間にふさわしい取り組みを企画・開催しています。  2018年度はこうした流れを受け、大阪同友会でも憲章・条例推進月間での独自の取り組みを企画することにしました。大阪の中小企業が直面している現状と課題をテーマにしたコメディ朗読劇を上演し、これを踏まえて、地域と中小企業の明日を語る大討論をすることにしました。中小企業が今日の日本社会で果たしている経済的役割と社会的役割について考える機会になればと考えています。  同友会会員はもとより、他の経済団体、行政、大学等多くの関係者のご参加を得て有意義な取り組みにしたいと思います。奮ってご参加ください。 ・…

続きを読む