【東成・生野支部】8月例会 増強委員会企画車座例会

0826_000a.jpg
0826_000b.jpg

0826_01.jpg

■概要:(e-doyuの案内より)
 東成区には、今里筋から東へ南深江までつづく新道商店街があり、地元住民の生活を支えていました。
 環境の変化により、その商店街の様子は変わりましたが、今里筋から神路にかけては、アーケードがあって、食品スーパーや、電器、服飾、雑貨などの生活用品を扱う商店で賑やかさを呈しています。
 8月例会は、この商店街の方々と交流しながら、「地域とのつながり」について考える例会にします。
今里1番街会長の矢田氏((株)白百合寝装)に案内していただきながら実際に商店街を見学した後、例会会場にて矢田氏より、商店街の課題や将来展望を講演いただきます。
 同友会理念である「国民や地域とともに歩む中小企業をめざす」私たちが、地域の中にあって、地域に根ざし地域と共に歩むとはどういうことか、地域になくてはならない存在になるためにはどうすればよいのか、みんなで考えましょう。
8月例会は①商店街見学と②車座例会の2部構成です。
いずれかのみの参加も歓迎です。

■日時:2015年8月26日(水)
■時間と場所:
 ①見学:16時30分集合~約1時間
  集合場所:しんみちロード入口(サンドラッグ今里店付近)
      (大阪市東成区大今里3丁目1-30付近)
 ②車座例会:18時30分~
  会  場:今里公民館
      (大阪市東成区大今里3丁目2-16)

0826_03.jpg
kuhaku.gif
0826_002.jpg

8月26日、東成生野支部車座例会が開催され、今里一番街商店会会長の矢田晃之氏(株式会社 白百合寝装)に講演いただきました。今里一番街商店会は東成しんみちロードを構成する6商店会の内の1つです。かつては、6つの商店会に別れていたわけではなかったそうですが、商店街全体が今より元気な時代、「俺も会長になりたい!」という商店主さんが多かったため6つに別れたそうですが、今では高齢化で各商店会も人手不足。古くからの顧客の高齢化に合わせて商品を揃える店も少なくなく、そうすると若いお客さんが来てくれないのも大きな悩みだというお話しでした。
 矢田会長の講演前には、東成しんみちロードを歩き、矢田会長の講演後には商店街のお店で買わせていただいた商品を肴に一杯やりながら討論をしました。

(第1部「見学」感想文;田中・真継法律事務所 真継寛子)

0826_12.jpg
kuhaku.gif
0826_14.jpg
kuhaku.gif
0826_17.jpg

 第2部は矢田会長の講演から始まり、その後グループ討論のスタートです。
討論時間は90分の長丁場ですので、途中で飲食を挟みながら「どのように「地域」の発展に関わっていますか?」のテーマで各テーブルで熱い議論が始まりました。
地域とは何なのか? 地域とともに出来る事は?
地域の為に出来ることは? 地域に根ざすとは?
今回は地域の象徴である商店街とのコラボ例会でしたのでどうすれば商店街を活性化できるのか、また人の賑わう場所になるかなど商店街に焦点を当てた意見が多く出された様です。
自分たちのテーブルには東ブロック憲章政策委員会からの参加者がおられ地域の考え方や、意見、討論だけじゃなくまずは行動すること、今なにが出来るのか?
地元の商店街でまずは買い物をすることでは・・・
地域を支えるのは、その地域の人々ではないのでしょうか
これからも支部として地域と共に歩んでいきたいと思います。

(第2部「車座例会」感想文;八木産業 八木信雄)

0826_19.jpg

本例会に【大阪同友会 大阪東ブロック 憲章政策委員会 岡崎委員長】が参加されていました。
憲章政策委員会では11月に、憲章政策例会「(仮題)商店街の活性化問題」を企画をしており、現在矢田会長に報告者依頼の打診をされています。
今回の車座例会がキッカケとなり、そのことが実現すれば素晴らしいマッチングとなりますね。

(文責;ブロック情報化広報委員会 八木)

この記事へのコメント