縁側会議(東成生野支部)

3月12日、午後5時から、東成生野支部【安藤支部長】が主催されている「縁側会議」に参加させていただきました。

0312_04.jpg

会場は大阪市生野にある【安藤さん】の事業所倉庫で、食材と会場設営等全て用意してくださいました。

0312_05.jpg
kuhaku.gif
0312_06.jpg

【趣旨】行政と企業と街の人々の未来に向けた発信基地
生野区役所と社会福祉協議会とまちの企業家とそこに住む人々のチョッとした集まりを企てています。まちの将来に向けた取り組みや地域の企業の係わりを、よりよい町に住みよい町に子供たちの歓声が聞こえる町に住む人々の笑顔のあふれる町に縁側を通して発信して行きます。参加者大募集。
まちのなかにえんがわを作りたい。

このような趣旨で、東成生野支部の大阪同友会メンバーが主となり、懇親会会議が開催されています。毎回参加者が増えるので、地域のネットワークが広がっています。

0312_08.jpg

実に頼もしい「大阪同友会 東成生野支部」【井上副支部長】と【安藤支部長】の黄金のタッグ。

0312_10.jpg

壁には参加者の名刺が貼られていて、それは同友会メンバーだけではなく、今後も益々増えていくものと思われます。

0312_11.jpg

外国人の方(高校教師)も【安藤さん】の人柄に惹かれて参加されるようになったそうです。

0312_12.jpg

本日の参加者16名全員で記念撮影!

0312_13.jpg

私も本日初参加なので、自己紹介の時間をいただきました。
こうして午後9時に閉会・解散となりました。

0312_15.jpg

昨年4月に新支部として誕生し、8月例会ではメンバーとともに地元商店街を歩いて、地域の方を交えての車座を開催されました。
地域に根ざす同友会として実践されている「東成生野支部」ですが、こうして企画され実践する方がいないと何も動きません。
同友会は例会だけではありません、こうした地道な会議を繰り返すことで、新しい仲間と出会い、ともにこの地域から育っていくのです。

各地域にある同友会支部でも、形を変えて同じような取組の企画がされていますので、あなたも参加してみませんか?

(文責;ブロック情報化広報委員会 広報委員長 石黒)

この記事へのコメント