「2016年度 OSAKA 中小企業家 11月号」大阪東ブロック・支部活動のご紹介

この連載では、普段なかなか見ることがない、隣の支部やブロックの活動を紹介していきます。同友会で開催される、例会をはじめとした行事は原則参加無料です。この機会に、こんな活動、あんな活動に参加してみませんか?連載第4 回目は、大阪東ブロックを構成する4 つの支部の活動紹介です。(以上 P.19の見出し文章より)


大阪東ブロックでは、ニュースと娯楽性の充実したホームページ(facebook含む)を活用して大阪東ブロック内4支部の情報共有並びに情報発信が行っております。

【活動内容】
1.ブロック内の情報収集と発信。
2.大阪同友会東ブロックの活動を会外へ発信。
3.会員に対して同友会運動情報発信促進を促す

【具体的な手法・手段】
役員会やブロック長メッセージ、新入会員入会式の模様や会員企業のインタビュー紹介はビデオを活用して記事にしています。


【ブロック内4支部の取り組み】


■「枚方寝屋川交野支部」

1101_002.jpg

市長を招いて憲章例会を開催するなど、行政との距離が近く、地域のイベントにも支部で参加協力しており、これからもより一層地域との関わりを繋げていきたい。

(支部長 吉田 修/株式会社 ゲイヨー)


■「京阪支部」

1101_003.jpg

来期に控えた新支部設立の動きが具体化し、市内グループを中心に活性化している。支部内委員会での役割分担が出来ていることと、ベテラン会員がサポートに回ってること、体質的には遊びを主体とした仲間作りが効果を奏して増強実績も上がっている。

(支部長 岡本悦男/岡本悦男税理士事務所)


■「大東支部」

支部内には障害者施設の会員が比較的多く、普段のグループ会、会員同士の連携で障害者雇用や作業環境の向上に取り組んでいる。大東市と四條畷市の約7万世帯に向けて発行する月刊フリータウン誌「DAITOTIME」に、例会案内・会員紹介を隔月掲載し、地域企業や経営者に同友会情報を発信している。

(支部長 松本清治/株式会社 常磐)

1101_004.jpg

▲支部有志と市民が12月に協同開催している「大東キャンドルナイト」で使用されるLEDキャンドルは、大東市内の障害者作業所に委託して雇用創出の一部となっている。


■「東成生野支部」

1101_005.jpg

支部設立例会には、大学の教授や生野区長、東成区長他行政担当や多くの金融機関の支店長が出席され、最近では生野区の勝山高校へキャリア支援授業にいくなど、地域の学校とのつながりも出てきている。小グループ会もほぼ毎月開催されるようになり、新会員もすこしづつ増えている。

(例会委員長 井上吉史/株式会社光製作所)

例会報告や会員紹介も記事にすることで、所属支部例会だけしか参加していない同友会会員やゲストにも、4支部とブロック活動に興味を持っていただき、内から外へ参加出来る機会を作っている「大阪東ブロックホームページ」を是非!ご覧ください。
大阪東ブロック情報化広報委員長 石黒 嘉秀

■大阪東ブロックブログ http://eosaka2015doyu.seesaa.net/


1101_001.jpg

■2016年度 大阪府中小企業家同友会「OSAKA 中小企業家 11月号/VOL.406」に掲載。(上記をクリックしていただくとPDFデータにリンクします)

(文責;ブロック情報化広報委員会 広報委員長 石黒)

この記事へのコメント