大阪同友会ブロック情報交換会

2017年2/17(金)「大阪同友会ブロック情報交換会」が開催されました。

0217_01.jpg

メンバー紹介:9名
北ブロック/欠席
東ブロック/石黒委員長(京阪支部)
中河内グロック/入江委員長(東大阪東支部)、辻委員長予定者(東大阪東支部)
中央ブロック/松永委員長(西支部)
南東ブロック/荒田委員長(阿倍野・住吉支部)、池田(天王寺支部)、張本(平野支部)、守屋(阿倍野・住吉支部)
南ブロック/新家委員長(かんくう支部)

0217_02.jpg

今回の企画は、南東ブロック情報化広報委員会 荒田委員長(阿倍野・住吉支部)の呼びかけで実現しました。
2015年度12月3日に開催された「大阪同友会(新旧)大阪東ブロック+中河内ブロック合同広報委員会忘年会」でも荒田委員長が企画いただき、こういった広報会議をブロックの垣根を越えて情報交換しましょうと云っていたのが本日実現。ちなみに私が2015年にブロック広報委員長に就任する以前の、(旧)大阪東ブロック応報委員長は荒田さんであり、私の直系の(広報委員長の)兄さんにあたります。
■参照WEB→ http://yocchino2009blog.seesaa.net/article/430620882.html

0217_03.jpg

最初は私が【大阪東ブロック】の広報の報告を、続いて【南ブロック】新家委員長(かんくう支部)が報告、京都のおみやげもいただきました。【南ブロック】では紙媒体だった広報誌がWEBに移行したことで、特に委員会を開催することはなく、各支部より情報提供いただく「取材依頼」をされているそうです。

0217_04.jpg

続いては「大阪同友会(新旧)大阪東ブロック+中河内ブロック合同広報委員会忘年会」でも参加いただいていた、【中河内グロック】入江委員長(東大阪東支部)の報告。
【中河内グロック】では、大阪同友会本部広報誌に添付されている「中河内ダイジェスト」を1冊にまとめ、増強ツールとして活用するに至ったそうです。
なお来期2017年度(4月~)東大阪支部は東大阪東、東大阪西がなくなり、東大阪を3支部に分割し、東大阪第1支部、第2支部、第3支部と地域の個性をいれない、東大阪6リージョンセンターをそれぞれ3つに分割した新支部として組織再編されるとのことです。

0217_05.jpg

続いて本日の会場提供をいただいた【中央ブロック】松永委員長(西支部)の報告では、今期2期目の広報委員長だそうですが、就任時はブロック広報が機能していず、昨年は委員が集まらず今期(2016年4月~)よりブロック内支部より各1名の委員が参加し、支部の幹事、情報収集していく。
現在【中央ブロック】ブロック幹事会のe-doyu返信率は8割。支部のe-doyu返信率は6割なので、e-doyuの活用を推進していく活動をされており、委員の確保も目指している。
ちなみに松永委員長は本部広報の広報部長も兼任されており、マスコミなど外部発信の担当もされています。

0217_06.jpg

最後に【南東ブロック】荒田委員長(阿倍野・住吉支部)の報告です。
本日は5支部ある【南東ブロック】の月次開催の委員会でもあり、ブロックより4名の参加となりました。

0217_07.jpg

結論として、同友会でも儲かっている企業は自社のホームページに力を入れることで、WEBより新規取引が2~3割増えていること。大阪同友会の入会者でもホームページを見ての参加、入会が増えているので、戦略的広報発信で同友会を知ってもらうことや増強にも繋がるので、広報を強化すべきである。何故広報に力を入れず、オマケみたいにしているのか。
また広報で培った情報発信知識を、自社でも取り入れ活用してビジネスに繋げるように。

0217_08.jpg

懇親会は残った有志5名で開催。

0217_09.jpg

【中河内ブロック】の東大阪東支部の2名が語る語る!

0217_10.jpg

非常にアツい内容で時間もあっという間に過ぎてしまいました。

0217_11.jpg

今後も新年度がスタートしての報告、中間報告、最終報告と情報交換を重ねていきたく思います。

(文責;ブロック情報化広報委員会 委員長 石黒)

この記事へのコメント