2017年度 第1回役員会

2017年5/12(金)本年最初の「2017年度 第1回 大阪東ブロック役員会」が開催されました。本来の1回目の会議は4月のブロック総会終了後なので、厳密には第2回役員会議となります。

0512_001.jpg

【出席】(ブロック長)尾崎(副ブロック長)、松本、山田(雅)(京阪支部)増本(大東支部)内藤(ひらねか支部)高木(東成生野支部)後藤
(新準)大西(組織)松本、古川、吉田(経営)山田(雅)、村田、山口、西尾(五)、畑野、安藤、北口、岡本
(憲政)岡崎、植村、川上(広報)石黒、東(財政)永野(総・経)吉田、大天、山口(研修)馬場、宮井(産構)泉脇
(副代表)松村、杉原 事務局:小谷、阪口(敬称略)
議長… 松本副ブロック長

0512_002.jpg

●開会挨拶 ・・・(尾崎ブロック長)
フランスや韓国で新しいリーダーが誕生し、情勢がどのように動くのか注目されています。本日のブロック役員会は新しいリーダーを迎えての第一回目の役員会です。今年度掲げた方針を達成するため、一年間ご協力をお願いいたします。

●“企業づくり”報告(報15分+質応15分) 今回はお休みです。 6月報告者(指名権⇒永野さん)

●メンバー自己紹介
経過報告事項
○本 部  (5分)
                         
■理事会(5/10)
〇4月入会5名 退会39名(▲34名/4月末2419名)

〇組織本部
・本年度目標 期末会勢純増97名の2550名を達成することが総会で承認。小Gへの落とし込み活性化が重要です。
・例会、小Gは毎月開催を。例会を毎月開催できない支部がある場合はブロックが支援し、全会員に学びの場の保証を。
・6/27同友会を知る会(開催目的;増強)9月、3月にも開催予定。ブロック、支部の増強運動に位置付けて活用ください

〇経営本部
・5/13第3期経営指針確立・実践セミナー開講 5/12「社長と話せる合同企業説明会」開催
・経営本部より「人を生かす経営の実践者」を例会報告者として派遣します。活用ください。
・「人を生かす経営」(労使見解)が改訂されました。

〇憲章・政策本部
・6/15を「中小企業の日」と位置づけ、研修部と共催で企業づくりと地域づくりの繋がりを学び、理解する行事(例会)を行います。ブロックから20名以上の参加を。
・大阪府への要望と提言を検討中。皆様からのご意見をお寄せください
・中央Bで憲章政策運動がよくわかるパンフを作成。各ブロックで、憲章政策運動がどのような意味を持つのか?を確認するツールとしてください   等
 《その他は議事録をご参照ください》

○ブロック (各3分以内)

■組織委員会・ビジョン検討委員会
・各支部の年間増強計画を確認。年度目標達成に向けた、具体的な行動計画を支部幹事会にて議論ください。また、活動が活発な支部から学び、良い事例を支部に取り入れましょう。
・役員研修 6/10開催予定。内容は検討中。名称を「東ブロック役員交流会」とする
・合同例会の開催について《審議事項》
・東Bビジョンの作成工程のアウトラインを確認。2017年度末の完成を目指す。
■経営委員会
・指針セミナー参加促進;2018年度からのブロック開催を睨み、受講者・助言者を役員会等で訴え、積極的に増やしていきます。
・共同求人;例年同様にキャリア支援、野崎高校などの校長との懇談会の開催《審議事項》を検討中。
・障害者問題(雇用);実習受け入れマップの周知します。例会テーマとして取り上げを検討ください
■憲章政策委員会
・本年度は大東市と枚方市に対し、提言と要望を行います。7月までに素案作成予定(2016は枚方市のみ)
・人材不足解消、企業連携、地域・大学等とのコラボ企画を検討します
■広報委員会
・昨年比、各支部からの委員参加が倍増。ブログ関連の新企画等を検討します。取材等のご協力をお願いします。
■新支部設立準備委員会 
・期首会勢60名以上を目指し、2017年9月の設立に向け議論を重ねています。 

○支 部   (各3分以内) 

■ひらねか;5月、6月例会の準備を進めています。小グループも今月1回目を開催。5月例会ゲスト0名
■京阪;活動はこれから。5/16に幹事会。5月例会ゲスト1名。入会濃厚(ゲストは吹田支部例会に参加)
■大東;新体制のもと、既に支部は動き出しており、元気が伺える。小Gも動き出している。5月例会ゲスト3名。
■東成生野;設立3年目。今年は地域帰りの会員が多数あり、元気が出てきた。今年の活動は期待が持てる。

0512_003.jpg

重点項目 (60分)

●2017方針を深め合い、「3つのつくり」を具体的に進める行動を起こそう!


ひらねか;設立5年目。ここ1~2年中堅の役員の退会が相次いだが、今年は新しい幹事を多く巻き込み、活性化を図りたい。支部例会の参加率が低いため、今年は40%を目指す。いい例会づくりに注力する。また、増強委員会が、ブロックや同友会全体の「企業づくりに役立ち、同友会の理解を深められる行事」の参加PRに力を注ぐ。

京阪;大東支部やひらねかの設立(独立)など、京阪支部は幾度の支部分割の経緯があり、今期も「しろきた」の設立が予定されている。こんな状況で活気が出にくいのが現状。京阪の特徴として、フランクな雰囲気があげられるが、そのもとで支部づくりをすすめる。

設立準備;9/26までの半年で、期首会勢60名以上となるよう取り組んでいく。

東成生野;活動のベース(地本)があると、会員は寄ってくる。今年は地域を基準に3つの小Gに分けた。参加しやすいとの声が上がっている。
その他
・今年はブロックビジョンの作成が始まる。全支部が会勢純増となるよう、前向きに取り組んでいく。
・企業づくりには指針セミナー受講は必須です。企業変革支援プログラムなどにも取り組み、「このように企業が変わった」との事例を数多くつくることが重要。
・憲章政策をわかりやすく伝え、良い企業づくりが進まなければ、地域づくり、同友会づくりはできない。すべての「つくり」がリンクしていることの理解を広める。  等

事務局より
「5/15中小企業家しんぶん」を素材に、以下の事例(記事)の紹介と問題提起。(事務局より)
●4月福岡同友会の筑豊地域にて、22名の新支部が立ち上がりました(田川支部)。この小さな支部の中に、3つのブロックがあり、①会員の100%指針書づくりの推進 ②学校との連携でキャリア教育を推進 ③産業振興会議に積極的に参加し地域づくりを推進されており、会員一人一人が同友会運動を推進し、仲間を増やす活動をされていますと紹介。
●「2019年全国会員数5万名を目指し、現在8年連続で会員が増えており、4万5897名の会員数」となっているが、大阪は2013年より5年連続で会勢を減らしています。2017年度は純増を実現し2550名以上の会勢実現に向けて頑張りましょう。
●昨年、東ブロック支部に入会いただいた方ですがが、「ゲスト参加した時の例会のグループ討論が、あまりにもうわべだけの話に終始し、入会する気をそがれた」と話されていました(最終的にご入会)。「円卓」の最終節に、「経営者の多くは、理念や方針を作っても自分に甘く、社内で厳しい意見を言ってくれる社員もいない。しかし同友会では社外重役となり厳しい意見を言ってくれる仲間がいる。自分では気づかない弱点や思い違いを指摘してくれる良き仲間は経営者にとって大いなる財産だ」。と書かれています。一度各支部において、「指摘し合える仲間づくり、同友会に入会して本当に良かったといる同友会づくり」ができているか議論してくださいと問題提起がありました。

審議事項 
■6/10役員研修の内容確定(組織委員会) 
 開催については、前回承認済み。今回、企画内容が明確になっておらず、審議できず。
 昨年実施した役員交流会を基本に、早急に今年度実施の具体的な内容を提案ください。【次月に繰越】
■校長先生との懇談会の開催について(経営委員会) 
 具体的な企画内容が明確になっておらず、審議できず。早急に具体的な内容を提案ください。【次月に繰越】
■公益社団法人日本精神保健福祉協会全国大会開催の案内申込
 他団体からの行事案内に関する依頼が事務局にありました。各支部で案内を許可するか検討ください。

討議・検討事項
■合同例会の開催について(尾崎ブロック長)
 会員交流を深める目的で尾崎ブロック長(組織委員会にて検討)より合同例会開催の提案
 ⇒会員交流を深め、何をするのか?2017方針に照らし合わせてどうなのか?目的がはっきりしない。具体的な目的と内容を再提起してください
■ブロック主催支部表彰(尾崎ブロック長)
 評価項目を指針作りや役員研修講座参加などに改め、企業づくりや支部活性の成果表彰を新たに設けてはどうかとの提案が尾崎ブロック長からありました。
 ⇒目的、内容がはっきりしていないので、具体的な目的と内容をまとめ再提起する。
■その他

確認・連絡事項
■ゲスト紹介カード運動推進の徹底 「参加会員全員が主体者!」全員で支部を盛り上げようというメッセージを!
■大阪市「えこのわ」に取り組もう! 
 大阪同友会が大阪市と「事業者の環境負荷低減活動推進モデル事業(えこのわ)」の活動協定を締結しましたので当事業にチャレンジください。(お問い合わせ、申し込みは同友会事務局まで)
■入会式 6/28東成生野担当
■財政状況 ⇒ 6月役員会にて、4月、5月の収支報告を致します  

0512_004.jpg

●まとめ・・・(杉原副代表)
東ブロックの担当となり、初めて役員会に参加させていただきました。これまで中央ブロックの担当だっだので、東ブロックのことはよくわかりませんが、率直に述べさせていただきます。東ブロックは360名の会員が在籍する大きな組織です。この組織をしっかりリードしていくには、ブロック役員会がとても重要です。議題の進め方、提案事項の中で、どの項目を中心に審議・検討するのか等について、ブロック長、議長、事務局などの主要なメンバーで事前に打ち合わせをしておくと、会議が円滑に進み、出席した役員の満足度も高いものになると思います。今年一年、東ブロック役員が結束して、ブロックと支部の活性化のために尽力したいものです。共に取り組んでいきましょう。

次回は6/7

(文責;ブロック情報化広報委員会 委員長 石黒)

この記事へのコメント