2017年度 第3回役員会議

2017年7/7(金)「2017年度 第3回 大阪東ブロック役員会」が開催されました。

0707_001.jpg

【出席】(ブロック長)尾崎(副ブロック長)、松本、山田(雅)(京)増本(大)内藤(ひら)高木(東生)後藤(新準)大西
(組織)松本
、古川、吉田(経営)山田(雅)、村田、山口、西尾(五)、畑野、安藤、北口、岡本(憲政)岡崎、植村、川上
(広報)石黒、東(財政)永野(総・経)吉田、大天、山口(研修)馬場、宮井(産構)泉脇(副代表)松村、杉原 
事務局:小谷、阪口(敬称略)
議長… 山田副ブロック長

開会挨拶 ・・・(尾崎ブロック長)
0707_003.jpg
災害や北朝鮮問題などで「危機管理」という言葉をよく耳にします。これらは命にかかわることで、少し違いますが、同友会も会勢が2400名を割り込む事態となっており「危機的状況」と言えるかもしれません。できない理由を並べるのではなく、出来る方法を皆で考えましょう。本日はそんな役員会にしたいと思います。

“企業づくり”報告(報15分+質応15分
0707_002.jpg
(株)エムツープレスト 増本 晃明 氏


・トムソン加工。樹脂、発泡材、アルミ箔、紙、両面テープ加工などハサミで切れる素材なら加工可能。
・本年は設立(エムツープレスト)9期目になるが、新卒雇用に取り組み始めた6期目までは社員の離職率が高かった。それ以降は離職率が著しく下がり、同友会からの繋がりで今期は障がい者雇用(3名)も行った。
・「きになるニオイトリ」を販促などで使ってください。(数量に応じ販売します)

※8月報告者 (有)高木製作所 高木善弘 氏

0707_02.jpg

経過報告事項
○本 部
                           
■理事会(7/5)
〇6月入会29名 退会48名(▲19名/6月末2411名)
〇組織本部・5、6月で151名のゲスト参加がありましたが、入会は51名どまりで、期首来退会が先行する厳しい状況。オール大阪で「紹介運動」を開始します。例会に多くのゲストを動員ください。
〇経営本部
・第3期経営指針確立・実践セミナーは3講(6月)まで進んでいます。
・13期同友会大学の受講者を募集しています。経営戦略を共に検討できる幹部社員を要請します。修了時には「自社の10年ビジョン」を作り上げます
・5/31いきいきと働ける職場づくりに向けたワークショップ(労働局)がありましたが、連絡のないドタキャンが多数あり。次回以降は参加申込に関するルール(キャンセル基準)を明確にする
・7/21高校生に向けた魅力ある企業のしごと説明会(中河内B)があります
〇憲章・政策本部
・6/6中同協中小企業憲章キックオフ会議開催。参加179名(国会議員41名)。憲章条例運動が浸透してきたことを実感。
・6/15憲章条例推進月間企画(例会/研修部共済)を開催。
・10/31政策セミナーを開催予定
〇全研実行委員会
・開催要項(案)の確認。全体で80名のグループ長の選出を予定。1ブロック13~14名の選出を準備ください  等
〇東ブロック京阪支部再編成について(尾崎ブロック長より提起)
・9/26しろきた支部を設立予定。京阪支部が二つに分かれ、京阪(守口、門真、他地域)、しろきた(城東、鶴見、都島、旭区)がそれぞれ50数名規模の支部となる。ついては、両支部地域へのゲスト紹介、地域帰りの協力をお願いします。

《その他は議事録をご参照ください》

■事務局より 2017.04~06月 定点景況調査結果概要 
・定点景況調査(2017.4月~6月)の集計(691名回答)が出ました。ご協力ありがとうございます。売上動向は業種により傾向が違いますが、全般的に前年同期比横ばい。資金繰りは全般的に良。問題点は従業員の確保、幹部社員の不足(後継者含む)。

ブロック
■組織委員会・ビジョン検討委員会(7/3)
・大東、京阪例、東成生野例会にはゲスト動員があり、増強が進んできた。各支部でゲスト動員に力を入れる。
・6/10役員交流会16名参加。各支部の新しい幹事など、本来参加してほしい参加者が極端に少ない状態。次年度は早く計画を立ち上げるなどの対応を検討します。
・6/28入会式(東成生野担当)を開催。参加18名(うち新会員4名)
・新支部設立については、現在、準備委員会が進めており、しろきたエリアの会員を巻込むための会員訪問を計画している。
■経営委員会(7/4)
・他ブロックとの共催を視野に入れ、4期指針セミナーの準備を検討中。
■憲章政策委員会(7月委員会中止)
■広報委員会(開催せず)
■新支部設立準備委員会(6/12)
・6月例会を準備委員会が担当。例会リハをしました。その他、設立スケジュール等を確認。

支 部
■ひらねか;6月例会は梅南鋼材堂上氏。社員が主役の会社づくり、目指すべき会社像がよくわかるいい例会だった。当支部のゲストはなかったが、他支部ゲストが1名あり、入会となった。小G(合同)は8名の参加だった。
■京阪;6月例会はしろきた準備委員会が担当で、設立後の予行演習をしている。ゲストは2名参加で当日入会1名。6月度2名の増強。しろきたの機運を高めるのが課題で7月は山田代表に報告をお願いし、例会を盛りあげる。小グループも動き出した
■大東;6月例会ゲストは4名。うち2名が入会。知る会でも1名当日入会があり、6月は4名の増強。フォロー部がゲスト参加から入会までをフォロー。役割分担を決めルーチン化している。増強、例会委員会での問題点を幹事会で議論し深めている。小グループは声掛けをするなどして、参加者を増やす努力をしている。内容は気付きの多いものになってり、この体験を発信し、運営の仕方を理解すればさらに深まっていくと思う。今後は決算書を見せ合える活動を目指す。大東市の助成金などの情報も連絡している
■東成生野;6月例会は参加者29.6でもう少しで30%に届いた。ゲストは2名。参加率は上がってきている。8月は青年部との合同例会で、8/22にG討論研修を開催する。例会、小グループなどの参加動員(声掛け)を各グループが分担し、すべての会員に声掛けをする取り組みをしている。

0707_03.jpg

重点項目
●東ブロック全体で京阪・しろきた支部設立を成功させる!そのために何ができるか?
1)しろきた支部設立と新生京阪支部を盛り上げるために何ができるか?
2)ゲスト紹介運動 ⇒ 全支部例会にゲストを呼ぶ!
3)小グループ会の活性化
 
尾崎ブロック長より
⇒7月理事会にて新支部設立に際し、以下の全大阪的な協力を依頼し、承認を受けました。
・京阪、しろきたエリアに対する地域帰りの推進と同エリアの中小企業家の紹介を依頼
※前提として、東ブロック全体でしろきたの設立と京阪の活性化に取り組む
>上記について議論いたしました
尾崎ブロック長
・新しい支部が二つできるような認識がある。「紹介」「地域帰り」についても東Bで盛り上げていかないと支援してもらえない。
大西設立準備委員会委員長
・現状、今後の支部活動ができるように幹事会を固める準備を進めている。10人くらい巻込めている。手分けして会員訪問も行う。
・半分くらいが休眠会員と認識している
>ではブロックどうするのか?
・意識してゲストを出していく
・しろきた設立はPR不足。支部例会を回るなど、もっと宣伝して、会員に周知することが重要
・設立総会の案内を8月の月刊誌に同封する
・京阪は、今期しろきたが独立してもやっていける体制をとっている。他地域会員が多いが、2~3年かけてソフトランディングできるように取り組む。
・京阪支部の活性化は京阪支部に任す。盛り上がらなかったら、ブロック全体で盛り上げてやる!くらいの感覚で取り組む

審議事項
なし

討議・検討事項
■6/10役員交流会を振り返り⇒次期以降に討議します
■支部表彰(ブロック主催)⇒ブロック長より評価の原案が提出されました。次期以降に討議します
■その他

確認・連絡事項
■ゲスト紹介カード運動推進の徹底 「参加会員全員が主体者!」全員で支部を盛り上げようというメッセージを!プラスα「京阪・城北エリア」への紹介を進める!
■入会式 9/29 大東支部担当
■財政状況 ⇒ 6月 収入 755,796円 支出 993,147円(計▲237,351円) 次月繰越 5,352,745円

0707_04.jpg

会議模様を撮影したビデオ「尾崎ブロック長たより」は、下記リンクより「エイエイオー!」と公開中!→ http://eosaka2015doyu.seesaa.net/article/451638441.html

次回は8/7


(文責;ブロック情報化広報委員会 委員長 石黒)

この記事へのコメント