2018年度 第7回 大阪東ブロック役員会

2018年10/5(金)第7回 役員会議が、同友会事務所にて開催されました。

1005_001.jpg

出席 正副ブロック長:古川、大天、松本、正副委員長:石黒、山田、西尾、
支部長:大西、高木、内藤、増本、山本、全大阪:吉田、産講研:泉脇
研修:宮井、財政:岡本、副代表理事:杉原  事務局:坪本、阪口

欠席 正副ブロック長:井上、永野、正副委員長:後藤、岡崎
研修:馬場 ビジョン:尾崎 副代表理事:松村 敬称略
議長:大天氏

ブロック長挨拶 3分 18:30~18:33
 地震や台風が続き、仕事のスケジュールに影響を受けている会社も多いのではないでしょうか。ゲストの例会参加や訪問にも若干影響があったようですが、引き続き同友会運動をすすめていきましょう。

1 入退会・会勢報告 期首会勢2357
9月末 会勢2332、増強10、退会35、純増 -25、東ブロック(累計):増強18、退会19、純増 -1

2 10/3 理事会報告 (西尾氏) 10分 (18:33~18:43)
経過報告
・台風21号東と対応:大阪と京都の会員に被害が集中。中同協への支援金要請はしない。大阪同友会内でも支援金を集めるという判断はいまのところしていない。
・プレジデント誌に大阪同友会の取材が掲載されています。

申し入れ・確認事項(下記の申し入れ事項はすべて承認されました
・大阪府環境部より、後援名義使用依頼
・中河内ブロック 東大阪市ふれあいまつり出展
・厚生労働省より 労働契約等開設セミナー企画の承認依頼
・八尾支部 いきいき八尾フェスタ後援名義使用依頼

①組織本部 同友会を知る会の本部ポスティングは、9月30日前後に行う。なお知る会当日のゲストフォロー担当は、ブロックそれぞれで決定してもらう。
 ゲスト紹介、フォローにおけるポイント制を導入します。
 例会ガイドの報告者について再度組織本部で議論。ルールとして「①従業員数 ②年商(非公開も可)③営業内容 ④本社所在地 ⑤入会年 ⑥資本金」を記載するよう支部に依頼します。

②経営本部 大学求人、魅力発見フェアのチラシ月刊誌への折込を承認。2月に合説を追加開催予定。
厚労省、労働契約法等開設セミナーの同友会向け開催について承認。
 PG登録者数、北16,中央53,東6,中河内14,南東14,南15(本登録含む) 
 障害者部会より、就業体験受入MAPのガイダンスミーティング開催。障害者だけにとどまらず、貧困や未就学など社会課題にも関係しています。
 経営本部の役員が支部の増強訪問へ同行します、また例会報告者の推薦も行いますので、お声がけください。

③憲章政策本部 9月14日地域ビジョン勉強会から、条例制定後の実践事例を示せていないという課題や、地域課題を自社の課題として関心を持つ会員づくりや交流が広がっていないとの意見。
 自治体訪問、高槻・門真・守口・東大阪・八尾など。また堺市は副市長との勉強会を予定。

④情報化広報 月刊誌についてのアンケートを実施する。次回月刊誌に同封予定。
 HPのレスポンシブ化を実施しているが9月のアクセスは通常より少ない。改善を図る。
 新会員紹介コーナーに所在地を記載してほしいとの要望あり。スペースの問題もあるが検討。

⑤産業構造研究会 目標650に対して、506名の回答。分析担当の先生からは、同友会の中でも特に業績の良い企業からの回答が多いのではとの指摘。景況はごく緩やかに上昇しているが、先行きは不透明。大阪は消費税増税に対して駆け込み需要の増加や売上減少を懸念するという回答がおよそ30%となったが一方で影響はないとの回答も17.2%ある。

⑥財政部 赤字予算からの脱却、同友会活性化のため経営指針の手法を取り入れ中長期計画を立て黒字化をはかる。経費削減も大切だが、会員拡大のため財政部としてどのような提案ができるか議論していく。
 地域事務所援助費の効果検証について、地域事務所を借り始めた当初と組織が大きく変化していることから、事務局で運動の流れがわかるアウトラインを作成し、効果の検証を行っていきます。

⑦研修部  第1講より受講生の参加率が低下しているので、各支部でも声掛けのほどお願いします。学びの体系づくりに関して意見交換を行っています。

⑧機構改革会議 前月の理事会でのみなさんのご意見も踏まえ、再度総会のあり方を検討し、「返事がないことを委任とみなすのは会が発展する方向ではないので問題がある」となり、今後、ブロック総会・支部総会、全体総会の見直し及び、現行の規定のままで改善していくことを中心に検討を進めていくことになった。

⑨ビジョン委員会 わくわくする企業についてe.doyuでアンケートをとる方向で議論を進めているので、その際はご協力ください。

⑩全大阪経営研究集会実行委員会 全研を盛り上げるために再度ブロックで議論をしてください。

⑪その他
・関西ブロック合同調査(景況調査結果) 10月16日(火)11:00~ 大阪同友会にて記者発表
議案起草委員会発足について、8名の正副代表理事が提案され、承認されました。
・2024年度女性経営者全国交流会の大阪開催立候補について、一旦取りやめ女性部内で十分議論を重ねてから再度立候補する場合は理事会に提案したい。(確認されました)

・青年部より、10/6近畿圏青年部 合同例会、11/29~30青全交in沖縄が開催。ぜひご参加を

3 各委員会等の報告 (各部門3分程度) (18:43~19:00)*報告は簡潔に。
①経営委員会

・指針セミナー(第2期)申込状況 受講生8名(京阪4人、大東4人)、助言者15名。
・10月5日の夕方に野崎高校の校長と進路指導担当者を訪問。校長との懇談会再開と仕事説明会の次年度実施について相談をしてきた。
・企業変革支援プログラムの登録数、東ブロックが6名と最下位。決算の時期にぜひ登録をしてください。
・障害者部会より、むらの支援学校の見学と障害者受入MAP登録企業ミーティングのご案内
・3月頃に共同求人活動と同友会以外での求人の方法や種類、求人票の書き方などの簡単なセミナーを開催予定。(共同求人も担当している事務局の坪本が担当)

②憲章・政策委員会 報告なしのため不明

③組織委員会 ・2019年1/21(月)ブロック主催のグループ長研修を行う。

④情報化・広報委員会  ・委員について、しろきたから参加をお願いしたいです。

⑤たまゆらフェスタ
・10月4日反省会を行いました。他支部との交流ができ自社の情報発信ができたという意見や、準備品不足やPR方法など、次回に向けての反省がだされました。
・会場設営の備品代、チラシ作成費用などとして合計で29,700円を使用。ブロック予算から支出。
・来年もたまゆらフェスタが開催される予定です。次回からは出展費用もかかると思いますので、来年度はブロックの予算に計上していただくようお願いします。
・たまゆらさんの趣旨としては、ブースを会員増強に役立ててほしかったとのこと。次年度に出展する場合は会員のPRではなく同友会のPRができる方法を頭に置く必要がある。

⑥全大阪経営研究集会実行委員会
・1月25日に本部のグループ長研修を行う。
・簡易案内に誤りや気になる点があると指摘。担当事務局へ伝え修正する。修正版ができあがったら例会の案内に入れ込む。
・次年度は11月に全大阪を開催しようかと考えている。

4 各支部からの報告25分(各支部5分)(19:00~19:25)9月の総括と下半期の計画について
・ひらねか
 9月例会は、ネット販売をテーマにした。ゲストは当日ドタキャンだった。10月は京阪、しろきたと合同例会。報告者は朝日熱処理の村田さん。9月例会にドタキャンしたゲスト、元会員が参加予定。会員訪問は、8社を訪問したが、アポイント無しの訪問のため1社しか会えず。増強ツールとしてパンフレットを作成したので、知る会と併せてポスティングを枚方市に行う。小グループは新会員の会社で開催。参加メンバーが固定化しつつある。例会報告者は、3月までおおよそ決まってきている。

・京阪 9月例会は、弁護士事務所を共同経営されている比較的新会員さんが報告。ご自宅の関係でひらねか支部にも参加されている方だったので、ひらねか支部会員も多く参加いただき、支部間交流もできたと思う。ゲストは1名参加され、後継者なので社長と相談するという話になっている。他にも入会宣言をした方がいるので、確実に入会に繋げたい。小グループは新会員さんのところで開催。指針セミナーの受講につながった。11日にグループ長研修を行う。例会の報告者は、比較的新しい人に報告していただき、ゲストも声かけしてもらうように働きかけたい。委員も充実してきており、守口、門真で増強をしていきたい。

・大東 9月例会は、会歴の長い会員さんに報告いただいた。新会員さんは、ほとんど知らない方だったので良かった。ゲスト1名、オブザーバー1名だった。このゲストは、8月のボーリング大会、トリセツにも参加したが、9月の入会には至らなかった。今期中には入会意思がある。小グループは、台風の影響で開催できなかったグループもあるが、1つのグループではセミナーを開催し、ゲスト参加もあった。増強の方は、上半期で目標をやり切る予定だったが1名足らず。引き続き、フォローしているゲストには紹介者にも声かけを促している。12月までは例会報告者は決まってきており、1月以降は未定。支部として「しゃべってコラボレーション」という企業連携の企画を開催予定。

・東成生野 平野支部との合同例会だったが、当日17名ドタキャンがあった。しろきた支部のゲストさんが参加されて入会に繋がった。小グループを活用して声掛けしているものの例会参加率が低迷しているが、10月例会のリハーサルには多数の参加があったのでその方たちに例会に絶対来てもらう約束をした。11月は大国フーズの津田会長。12月は8月台風で開催できなかった報告を行い、1月は安藤さんが報告。

・しろきた 10月の3支部合同例会もしくは30日の知る会に、ゲストが1名参加予定。また、知る会の案内は支部エリア内に1万部ポスティングする予定。

5 討議事項
○全大阪経営研究集会の参加目標について、前月のブロック役員会にて、会勢25% 88名を確認。
ブロック、各支部をどう盛り上げ、行動していくか。(19:30~20:30)
・全大阪がどう良いかというのを幹事中心にお話していく。なお基調講演の何が素晴らしいかをもっと伝えやすくするため、報告のポイントをまとめてほしい。
・グループ長として活躍できそうな方へ、グループ長として参加していただく旨をお伝えして了承をいただいておく。役割をもっていればキャンセルすることなく参加して、全大阪の交流が素晴らしいことを知ってもらえるはず。
・まずはこの場にいるメンバーが率先して参加申込をしましょう。

○「小グループ会の報告書」、「増強のポイント制」について(20:30~20:55)
●小グループの報告書を次年度からedoyuの文書管理にアップロードするように変更する予定。(特に意見が出なかったが)報告方法案は出ていますが、実際触ってみて改善すべき点があるかと思いますので、ご意見ございましたら事務局までお願いします。
●従来の増強数に加えて、増強ポイント制が導入されることについて意見交換しました。
・ややこしい、何のために実施するのかがわからない、フォローはどういうことがフォローにあたるのか?など意見が出されました。
*ポイント制は、従来の増強数・退会数とは別物です。このポイントも本部総会での支部表彰基準に追加します。
6 連絡事項 (20:55~20:56)
例会ガイド締切 10/15 正午 元データとPDFの両方を事務局まで送ってください。締切厳守。
・次年度役員選考委員会について:役員選考委員長は、永野さんです
まとめ・閉会あいさつ(杉原副代表理事)(20:56~21:00)
・年度の前半が終了しましたが、後半もがんばりましょう!全国では5万名会勢達成に向けて動いています。毎月の目標をそれぞれが達成してゆくことで、一歩一歩着実に目標達成に向かって進んでいきましょう。

次回役員会:11月6日(火) 18:30~ 於:同友会事務局

この記事へのコメント